ホットドッグの美味しいお店、簡単レシピ、変り種ホットドックの紹介とホットドッグ掲示板

不遇なホットドッグ

■ホットドッグ、そうソーセージをパンに挟んだ食べ物で、食べ始めるものの2分で食べ終わる食べ物ですが、どうもメジャーになりきれない不遇な食べ物。

茹で上げたばかり、もしくは焼きたての熱々のソーセージをこれも同様にこんがり焼いたバンズに挟んで、お好みに応じてマスタード、ケチャップをかけて、あのパリっという歯ごたえとなんとも言えないソーセージの風味が絶妙なあのホットドッグ。

歯ごたえのない肉の味わい薄いパテを使用したハンバーガーに比べて、絶対に美味しいと思うのに、、、、、

ということで、このサイトはホットドッグの情報や、美味いホットドッグの食べ方を共有できたらと思ってます。

日本のホットドッグ ホットドッグの美味い店、まずい店などホットドッグ試食報告
世界のホットドッグ 最近、海外へいってないけど世界のホットドッグ情報
ホットドックの作り方 ホットドッグのレシピ、ソーセージの選び方やバンズの相性など
ホットドッグの脇役 ホットドッグに欠かせないマスタードやケチャップなどのウンチク
ホットドッグ掲示板 美味しいホットドッグ情報の掲示板、みなさんの情報お待ちしてます。
リンク集/お問合せ ホットドッグに関連するリンク集
ホットドッグの歴史・由来

ホットドッグ(Hot dog)の由来はいくつかの説があります。いずれもアメリカで広まったというのは間違いありません。

もともとホットドッグはドイツのフランクフルトにちなんで「フランクフルター」と呼ばれていたようです。1860年頃、アメリカに移民したドイツ人がそのフランクフルターを持ち込んだところから始まります。アメリカでホットドッグが広まったのは時同じくしてオープンしたコニーアイランドのおかげかもしれません。ネイサンズはここから出発してます。

コニーアイランドの絵葉書

ホットドッグの由来ですが、大きく分けて3つあります。

個人的には「興奮した犬」説がもっともらしいように思えます。漫画説も有力ですが、地元のスラングを新聞に取り上げたというのが事実じゃないでしょうか?、いずれにしろ100年以上の歴史あるもので自由の国アメリカへ移民したドイツ人からアメリカ全土に広がった国民食というのが事実です。広いアメリカですから、アメリカ全土の野球場ごとに特徴あるホットドッグがあって日本の立ち食いそば・うどんのような存在になってます。ハンバンガーよりもっとスナック感覚のまさに国民食なんですよね。

日本のホットドッグ歴史

日本初のホットドッグが登場したのは、米大リーグの強打者ベーブ・ルースらの来日で盛り上がった1934(昭和9)年11月の日米親善野球大会とされる。その際、甲子園球場でホットドッグを販売したのが、当時神戸に住んでいたヘルマンさんだった。 ドイツの食肉マイスターだったヘルマンさん。第一次世界大戦時に旧日本軍の捕虜となり、広島県の収容所に送られた。解放後は日本の企業でハム・ソーセージ製造の指導に当たったほか、東京・狛江に工場をつくるなど国内の食肉文化発展に貢献したという。 現在ヘルマンさんのソーセージは次男が受け継ぎ、ヘルマンソーセージとして今でもその製法と味を伝承している。

わたしはこの記事を読んでからヘルマンドッグに興味をもって、取り寄せてみました。 詳細は「日本のホットドッグ・甲子園のホットドッグ」にて


■ホットドッグを初めて食べたのは何時だったか覚えてません。自分がホットドッグ好きだと解ったのは、10年ほど前からになります。家内から「あなたほんとにホットドッグ好きねー」と言われたことから。

それまで気づきもしませんでしたが、ホットドッグがあるなら必ず食べているそうです。確かに言われてみると、、、、ということで改めてホットドッグ好きなんだ。と自覚した次第。確かに海外出張では必ず屋台・コーヒースタンドでホットドッグ食べてます。ドトールコーヒーでは2回に一回はジャーマンドッグ食べてます。やっぱり、好きなんでしょうね。

このサイトに来てくれたあなたもやっぱりわたしと同じホットドック好きのはずです(笑)。ぜひ、お気に入りのホットドッグ情報を掲示板にお知らせください。

Helpdesk Software